menu

Luftスケジュール

aboutsite
shop
etc...

 

.

 luftのご紹介はこちら
new exhibition
Past

●四角い空展

2009.4月18日(土)〜24日(金):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)

明石知子/井上恵司/内田一美/オーライタロー/おおらいえみこ/小俣邦夫/小島満樹子/佐野一雄/多田吉民/田中美智子/まつやまけいこ/三上柳子/山下玲子/古茂田杏子 以上14名の作家による銅版画展

●重藤裕子 銅版画展

2009.1月24日(土)〜30日(金):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)

重藤裕子略歴

広島県に生まれる。広島大学理学部卒業。立教大学理学研究科修了。
創形美術学校研究科修了。
2005年〜 銅夢版画工房グループ展『銅夢展』
2006年  日本版画協会『版画展』入選、京都市美術館『京展』入選
2007年  松涛美術館公募展奨励賞
2008年  Wells Galleryにて作品展示(Charleston, South Carolina, the US)

私の描き方は主に、体の内に生まれた形を、目の前に見える植物や動物、人や風景のコラージュで写し取っていくものです。どのような時に形が生まれるのかというと、それは『私』と私の周りの『世界』とのスペースを感じたような時です。そして、その形をコラージュで写し取っていくうちに、物語はいつの間にか生まれています。物語は、手の届かない記憶を引き寄せ、新たな調和を見出すまでの記録なのだと思います。

植物や動物などを緻密に描くのは、私がそれらの元来もつ緻密さに心動かされるからです(それは、私が生命科学を学んだ理由でもあります)。そしてどんなに緻密に描いても、目の前にある生命を孕んだものそのものほど緻密ですべてを包み込んだ美しさをもつものはありません。描く時間はそれらを体の中に取り込む時間であり、そのこと自体が喜びなので、1つの作品にどんなに時間がかかろうと私にとっては問題にならないわけです。

私の体を通して生まれた世界、物語を、少しでも多くのひとに報告したくて描き続けています。

●崔 允 禎展(Choi, Yoon-Jung )

2009.2月2日(月)〜7日(土):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)


Aura08-71
60×42cm Mixed coloring on silk 2008

●神田正信展〜密ヤカナル夜会ノ始マリ〜

2009.2月28日(土)〜3月7日(土):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)



「黄昏色ノ紗幕ガ大理石ノ歩道ヲ覆ウ時、魑魅魍魎(チミモウリョウ ) タチノ密ヤカナル夜会ノ始マリ。」

1955年 東京生まれ
アパレルメーカーの商品企画室でテキスタイルデザインに従事した後、独学で描き始める。
96年に代官山ギャラリー OLIVE で初個展。
以後、年1〜2回ペースで個展開催。99年より青森に移住。

●内田嘉郎展−思考する鳥−

2009.3月16日(月)〜21日(土):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)


追憶(紙・ペン)

●藤原舞子展

2009.3月22日(日)〜28日(土):会期中無休
AM11:00〜PM7:00(最終日〜PM5:00)


青いリボンの空間
0号/2009年/ボード/油彩・テンペラ


星の召喚
24×19cm/2009年/ボード/板に油彩・テンペラ

たおやかに、確実に、精筆の花を咲かせはじめた女流画家の初個展にご注目下さい
ボード/油彩・テンペラ、50号から小品まで20数点の展示。

藤原舞子略歴

1981年  奈良県に生まれる
2001年  川口起美雄氏に混合技法を学ぶ
2003年  大阪芸術大学芸術学部美術学科平面コース卒
2005年  武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻油絵コース終了
2003〜7年 プンクト展(青木画廊)
2008年  二人展「Magic Reality」(Galerry Bandi/ソウル)
2009年  個展(青木画廊/LUFT)

●Scuola展

2009.10月12日(月)〜20日(火)PM12:00〜PM7:00
最終日PM5:00まで 会期中無休

川口起美雄に師事する「ルネッサンス絵画工房」によるグループ展。
出品作家:石井満由美/金光紀美子/白井亜紀/田中静/富田厚/中村道子/永松あき子/夏坂冬生/堀内眞美子

●土屋恭子展

2009.11月9日(月)〜14日(土)AM11:00〜PM7:00
最終日PM5:00まで

見るもの。観るもの。
聞くもの。訊くもの。
触れるもの。
時間が流れていく。
「未来」「現在」「過去」の間の中。
数秒で出来事が変化する
そして、記憶となる。
人は、時間とともに記憶を変えていく。
時には、人はそれに頼らなくてはいられない時もある。
「ここにいて、よかった」と
また、記憶をつくる。

略歴

1978年 山梨県甲府市生まれ
2002年 第一回やまなし県民文化祭美術展 優秀賞
2003年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
    福沢一郎賞受賞
    新制作展 /東京都美術館
2004年 ル・サロン展 (パリ)銅賞/ジャン・ピエール・ベルジェ賞
    第1回個展 /青樺画廊
2005年 新制作展 /東京都美術館(06)
2006年 第2回個展 /なびす画廊
2007年 第3回個展 /   ”
2009年 第4回個展 /青木画廊ルフト

●近藤宗臣展「幻想の部屋」

2009.11月16日(月)〜21日(土)AM11:00〜PM7:00
最終日PM5:00まで

「初めその部屋は、丸天井になっているのかと思ったがなにかの燃える嫌な匂いのする壁に眼を凝らした限りでは全く天井がないか、われてぼうっと光ってるんだ。右手の奥には馬鹿でかい彫像がそびえ立っていたが、悪魔アシュマダイがなにかの儀式の為に山羊の姿をしているところだってわかった。プラトンの本にちょうど同じのが描かれているからな。」
(アレクサンドル・ワシーリエヴィチ・チャヤーノフ)
「ベネジクトフ〜あるいはわが人生における記憶すべき出来事」より)

略歴
1974年生まれ
2002年 京都市立芸術大学大学院美術研究科油画卒業
1999年 個展「DIABOLOS」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2000年 個展「呪」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2001年 個展「四神護法」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2007年 個展「幻想のサパト」(青木画廊ルフト/東京)
2008年 IFFA幻想芸術展2008〜東京(世田谷美術館/東京)
   「INFOCUS AWARD2008」招待作家出品
2009年 IFFA幻想芸術展2009〜東京(ギャラリーやさしい予感/東京)
その他、雑誌「恐怖の快楽」にて漫画作品掲載〈2003年)や 3RDWARE(東京・原宿)にてアートパンツデザインに参加(2006年)など絵画以外にも様々に活動中。

●サパンヌ39年度展III

2009.11月28日(土)〜12月5日(土)AM11:00〜PM7:00
最終日PM5:00まで

出品作家:新井栄一/ 浮田誠之/ 内田良平/ 小笠原宏之/ 小川昭世/ 佐藤裕子/ 三宮具子/ 下川次郎/ 高松潤一郎/ 抜水健一/ 藤澤弘惠/ 牧野守良/ 丸山桂子/ 和田圭介

>