menu

展覧会スケジュール

aboutsite
shop
etc...

 

2006スケジュール
past exhibition

●「江本 創」展(悪徳の容貌、七つの大罪)

【date】2/6(mon)〜18(sat):会期中無休

解説:標本箱に閉じ込められた「七つの大罪」をテーマとした幻獣約20点の展示。

■詳細はこちらをクリック

●「石塚公昭」展(乱歩、夜の夢こそまこと)

【date】3/13(mon)〜25(sat):会期中無休

解説:文学者やミュージシャン、本物そっくりの人形を制作し、その人形を作品イメージの中で撮影する人形作家、石塚公昭の展覧会。今回は2005年パロル舎より刊行された作品集「乱歩〜夢こそまこと」で使用されたオリジナルプリント及び新作の江戸川乱歩像(高さ40cm程の石塑年度による人形)4点を展示致します。

■詳細はこちらをクリック

●「黒須 昇」展

【date】4/8(sat)〜22(sat):4/16(sun)休廊

解説:

■詳細はこちらをクリック

●開廊45周年記念展 「眼Augen展2006」

【date】7/10(mon)〜22(sat):会期中無休
11:00〜19:00、日祭12:00〜18:00

(出品者) 
浅野信二、石塚公昭(人形)、市川伸彦、牛尾篤、宇野亜喜良、 梅木英治、江本創(幻獣)、大竹茂夫、大手京子 大山弘明、小石貞夫、小泉孝司、古賀郁、坂本淳一、 佐々岡まゆこ、七戸優、高松潤一郎、高松玲子、多賀新 建石修志、長島充、藤野級井、前澤ヨシコ、水野恵理、 ムットーニ(オルゴール)、四谷シモン(人形)、渡辺高士 山本じん(以上、28名)

■詳細はこちらをクリック

●「4+1」展 -似非機械-

【date】9/19(tue)〜30(sat):会期中無休
11:00〜19:00、日祭12:00〜18:00

第2の自然を創出し続ける呪物作家中村宏(来訪者)によって投げかけられた命題に、4名のレギュラーメンバーが、それぞれの”ヰタ・マキニカリス”に 導かれるまま、中村とともに宿題を提出する。
その命題は(似て非なるマシーン) 似非機械”である。
市川伸彦、川口起美雄、多賀 新、建石修志、ゲスト/中村宏

■詳細はこちらをクリック

●直江眞砂「猫の王国美術館」原画展

【date】10/10(tue)〜21(sat):会期中無休
11:00〜19:00、日祭12:00〜18:00

1986年、「猫の王国美術館」(文藝春秋刊)で発表された作品は、刊行時に数点プライベートな場での展示以来、20年間作家の元に保管されて来ました。
今回は掲載された原画に未収録の作品を加え約50点の展示。

■詳細はこちらをクリック

●大竹茂夫展〜聖遺物(レリギア)をめぐる冒険

【date】11/6(mon)〜18(sat):会期中無休
11:00〜19:00、日祭12:00〜18:00

老コレクターの私設博物館の中で
その娘や猫と小さな人々が繰り広げる物語。
新作約20点の展示。

■詳細はこちらをクリック

●第4回プンクト展

【date】12/9(sat)〜21(thu):会期中無休
10:30〜18:30、日祭12:00〜18:00

川口起美雄の門下でウィーン幻想派の流れをくむ若手中心の作家18名による約50点の展観。「テンペラ・油彩混合技法」「鉛筆・ペン」による作品です。

■詳細はこちらをクリック

2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005